■プロフィール

hananokineko

Author:hananokineko
主に花の木シェルター卒業猫さんの様子をお伝えしています。
・迷子犬探しています・

はむこと申します。
よろしくお願いします。

■ e-mail ■
hananokineko★excite.co.jp 
★は@に変えて下さい
m(_ _)m

*

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ランキング
■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■ welcome

めごちゃん♪
めご(旧ローズ)ちゃんの里親さんからも、
随分前にお便りを頂いておりました。
ご紹介が遅れて申し訳ありません。
可愛い写真もありがとうございますm(_ _)m


*

結石ができてしまっためごですが、食事療法が効いて昨日の検査でなくなっていました。
なかなか膀胱炎関係の値が改善しないので、抗生剤はもうしばらく飲み続けますが、
とりあえずホッとしています。
ご飯も最近飽きていたものの、ロイカナさんのpHコントロールオルファクトリーより
pH0(ストロバイトを溶かすもの)の方が良く食べるので、このまま頑張ります。
薬は朝からとっ捕まえて与える時間もないので、フレーバードゥという
錠剤を包み込むペーストみたいなのを導入したらぺろっと食べてくれてとても楽です。
通販でしか手に入りませんでしたが、もし投薬でお困りの際は使ってみてください。
好き嫌いがあるようですが、めごには当たりでした。

最近のめごの写真を添付します。
最近は自宅も少し片付けて、夜間は朝までケージから出すようにしています。
朝うんちが転がっていたり、どこから出してきたんだろう?という思いもよらないものが
転がっていたりしますが、まあうんちも固形なので大して床などが汚れることもなく
元気に夜を過ごしています。
もう少し私が頑張って日中も徐々に出してお留守番できるとこまでたどりつきたいですね!

4めご12

4めご11

4めご9


*


めごちゃん、顔丸い~(〃▽〃)
排泄の問題ではご迷惑をおかけしておりますが、
大らかに受け留めて頂いてありがとうございます。
また、結石や膀胱炎治療に関する情報をありがとうございます。
めごちゃんに合うものが見つかってよかったです。
参考にさせていただきますね(^^)


卒業生の様子をお知らせ頂けるのは
本当に嬉しいです。
みんな幸せに暮らしているかな~?
いつも気に掛けていますよ(^^)


FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト
里親さんより | 00:00:21 | コメント(0)
七海ちゃん♪
七海ちゃんの里親さんからも、随分前にお便りを頂いておりました。
遅くなりましたが、ご紹介させていただきますね。

*

私がキッチンに立つと食べ物があると分かってるみたいで
頭をグリグリとやって隙間に入ってねだってきます。
七海は最近、別名グリグリ姫と呼ばれてますよ。
布団で寝る際も枕をして寝てます

4七海2

七海ちゃん、食いしん坊さんなんですね♪
安心しきって眠る姿、幸せそうです(^^)

七海ちゃんのお家に居た保護子猫さんが、
避妊手術の失敗により、虹の橋を渡ったそうです。
七海ちゃんとも仲が良く、よく一緒に遊んでいたので
里親さんも辛さが倍増とのこと。
七海ちゃんも何かを探しているみたい…

せっかく助けた命の灯が、思わぬことで消えてしまうとは
本当に辛く悲しいことですね。
でも、七海ちゃんのお家で過ごした時間は、
きっととても幸せだったと思います。

茶トラの子猫さん、虹の橋で再会するまで、
七海ちゃんファミリーを見守っていてね。


FC2 Blog Ranking



里親さんより | 00:32:26 | コメント(0)
猫が迷子になった時2-3
23日(9日目捕獲当日)
朝方、夢を見ました。

菊理の返ってくる夢です。

『朝起きると、菊理がいつものキャットタワーの上にいて、私をいつものように見ていました。

「え?帰って来た?」と思って慌てて起きると、何故か閉まっているはずのリビングの扉があいていて、

私が起きた事に気付くと、慌ててリビングを出ていく菊理。

「やばい猫部屋の窓空いてる」と思って追い掛ける私。

猫部屋に行くと菊理がいて、一度窓から出ていってしまう菊理。

「あぁぁぁ…」と思った瞬間もう一度菊理が入ってきて、慌てて窓を閉めて、

「菊理帰ってきました!!」とサークル掲示板に書き込んだ』

と言うところで目が覚めて、凄い脱力感に襲われました。


※しかし動物が返ってくる夢と言うのは何かある。
「帰る前に一足先に猫が「今から帰るよー」とテレパシーで伝えに来る」という
ブログも見たので、再び折れそうな心が浮上する。


朝:いつもの様に置き餌を。
名前を呼びながらマンション回りを周り、仕事へ。

昼:何か心が安定して、仕事が出来る。


夜:今日もSさんが来てくれるとのこと連絡あり。

20:00仕事が終わり、丁度マンション正面の民家の方から連絡があり、

「今、似た子がマンションの駐車場の所にいて、車の下に隠れた」

とのこと。

がすぐに見失う。

近くにいる!!とおもい、お礼を言ってSさんに連絡。

ちょうどマンションに着いたとのことで、置き餌を確認してもらう。

「置き餌減ってます」と写メあり。全部食べ切らず、少し残して去っているところが買い猫っぽい。

ノラ猫ならまたいつ食べれるか分からないから食べ切るはず。残していくのはいつでも食べれる環境に慣れている家猫ぽい」

希望が湧く。


雨が降って来たので、捕獲器と菊理ボックスをオートロック側の屋根のあるエントランスに移動。

カリカリをすりつぶしたものを捕獲器の周りと通ってくるであろう場所に散布。

捕獲器の中にはいつも食べている猫缶を。
設置。


置き方などサークルのトピックスでリアルタイムでメンバーと確認し合う。
その間にSさんは同居猫の声をマンション周りで再生。

「捕獲器の奥が見えた方がいい」と言うアドバイスがあったので、Sさんに連絡。

Sさんが捕獲器の所に戻ってきて、捕獲器の異常なしを確認。

それから、「2階の飼い猫(外飼い)が餌を狙っている!!」という報告があり、

それに一瞬気を取られた後に、Sさんが捕獲器を動かそうと持ち上げたら、重さを感じたそうです。


「猫入っている」と言う連絡があり、最初はまた違う猫だろうな…と思っておりました。
しかし「菊ちゃんかも」という連絡があり、幾つか送られてきた写メで、菊理だと確認。

帰宅中だったので、慌てて家に戻る。

実際に菊理と確認。

脱走から約9日目、菊理が戻ってきた瞬間でした。




≪行ったこと≫

①保健所・警察・清掃局への連絡(見落としがあるかもしれないので3日に1回は連絡)

②ひたすら名前を呼んで近所を捜索(好きな餌やおやつの音鳴らす)
(室外機・ガレージ・小道・わき道・垣根の中・車の下・自販機の下)

③ネットの捜索掲示板に掲載・SNSに拡散依頼

④ポスティング・ポスター貼り依頼・聞き込み

⑤猫砂やお風呂の残り湯をマンション回りに散布

⑥置き餌

⑦落ち着く場所を作る為に臭いのするボックスを用意

⑧全てに縋る。(神様・猫様・カラス様・おまじない)



≪試してみた餌≫

①いつものカリカリ・おかし(ハッピークランチ等など匂いの強いもの)

②ちゅ~る

③黒缶

④ウエットフード(匂いの強いもの)

⑤アジの干物

⑥唐揚げ

⑦焼き鳥

⑧鰹節




今回の捕獲劇、目撃情報(自分で確認できてないので、確信できるものが無かった)もあまりなく、

鳴き声も聞こえない、気配も感じない、そんな中での、ただ信じて探し続けるだけの日々でした。

捕獲器に入っていた時も、雨が降っていて本来ならば猫が嫌いな天候。

一瞬目を離した瞬間に「ガシャン」という音も無く捕獲器の中に入っていてくれた菊理、本当に神様が菊理を何処かからワープさせて捕獲器の

中に入れてくれたと思う位の帰還でした。

たくさんの方々に感謝です。

見ず知らずの菊理と私の為にたくさんの方々が御協力してくださり、探しに来て下さり、アドバイスと励ましと、支えを頂きました。

一人で生活しているなか、こうして駆けつけてくださる猫仲間がいる事が救いでした。

なので出来るだけ協力して下さる方を作ってください。

一人で探そうとすると、すぐに見つからない場合、不安と焦りと寂しさで心が折れてしまいます。

私は今回凄くたくさんの方に助けていただき、支えていただきました。

それでも心は凄く不安定な9日間でした。

後は、信じて探し続ける事!!

猫の性格など思い返して行動を思い直してみる事。

そして猫テレパシーを飛ばす事(届いたのかどうかわかりませんか、事、菊理の事に関してはこれは凄く信じられる現象だと思いました)。



上手くまとめられずに長々と書いてしまいましたが、これからもし私の様な境遇で、
猫ちゃんが居なくなってしまった場合のサポートになれば良いかと思い、記録を送ります。

4菊理
ビフォー

4菊理2
4菊理3
アフター

大分痩せてしまったけど、諸々の検査で異常なしと診断されたそうです。
ゆっくり元に戻ってね(^^)

*

菊理ちゃん、無事にお家に帰れてよかったです。
元野良さんなので本当に心配でした。

応援やご協力、アドバイスを下さった皆さん、
本当にありがとうございました。
諦めずに探し続けた飼い主さん、お疲れさまでした。
またお疲れのところ、長文を纏めて頂きありがとうございました。

今、各地で迷子になっている猫さん&犬さんも
早くお家に帰れますように。


FC2 Blog Ranking





里親さんより | 22:00:51 | コメント(0)
猫が迷子になった時2-2
20日(とうとう6日目)
猫は3日過ぎると動き出すということなので、気持ちが焦る。
どうにか動かずに近場で蹲っていてくれとただただ願う。

朝:チラシを新聞社さんに持っていく。自宅周りに徹底して配っていただくようにお願いする。
それからいつものように名前を呼びながら近所を歩きまわる。
反応なし。
地域猫の場所にも足を運び、会う猫に頼み込む。

昼:仕事の合間にSさんがお昼の聞き込みと捜索をしてくださるとのことで、甘える。
同居猫の声を再生しながら近所を回ってもらう。

夜:帰宅した21:50ごろマンションの駐車場の暗がりで菊理らしい姿を確認。が遠目で確信つかず。
遠くで見ていたSさんがと合流し、確認する。

「似てますよね」
「うん。なんか餌を目的にして一直線に歩いてきたから、ここに餌があるのことわかってると思う」
で、歩き方などを確認。

「なんか餌をめがけてルンルンした感じで歩いてきた。で、目があって『な、何よ…』って感じで立ち止まった」

うん。ご飯♪ご飯♪のルンルン具合が菊理っぽい。

警戒してるかもしれないから私は一度部屋へ、Sさんは遠くへ離れて張り込み。

と、もう一度連絡がある。

「来た。また来た。スッゲーほふく前進してる!!」

ほふく前進がますます菊理っぽい。
家の中でも良くやっていた。

しかし、その時も警戒してかあと少しのところで暗闇に紛れて行方をくらます。

我が娘ながら、ほんとに手強い。

その日はもうこれ以上警戒させてはいけないからとサークル内でアドバイスを貰い、捕獲器を仕掛けて、部屋に退散することにする。(数時間ごとに確認しに行く)


※猫に詳しい人のブログで、野良ネコは外でほふく前進の様な歩き方はしない。
するのは脱走して外が不安な猫だけ。という書き込みを見て希望が出来る。

現れたのが菊理であると信じたい。


21日(7日目、休み)
この日は雨が降るということで気持ちも落ち込む。
朝、マンションの方が「捕獲器、猫入ってるよ」という知らせを受けて見に行くも、別の猫。
早々にリリースいただき、中を洗浄。
仕掛けをし直し、エントランスのすぐ近く、屋根のある場所に捕獲器を設置。
その場で同居猫の声を流し、名前を呼び続ける。

そのあとに新聞社さんに捕獲器を借りに行き、ポスティング。

猫の広場を見に行くが雨なので、猫すらおらず。

雨が降ってきたので部屋に戻る。

昼にサークルの方から借りた捕獲器も届く。捕獲器三台へ。

その日は一日中雨でした。
雨だと気分が落ち込み、涙が出てきて立てなくなる。

他の猫たちが上に乗ってきて「寝なさい」と抗議される。

サークルの方々に相談すると、「菊理ちゃんがママに休んでって言ってる雨だと思うから、素直に今は寝よう。
大丈夫、雨の時は動かないから。菊理ちゃんを信じて」という言葉で菊理にごめんと思いながら、眠りにつく。
「一度思いっきりなくことも大切!」と言われ、その日は捕獲器をかかりそうな場所に3台設置し、次の日の朝までひたすら泣いては起き泣いては起きを繰り返しました。



22日(8日目)
朝:捕獲器は3台とも異常なし。
回収して、仕事前にエントランスに置き餌を用意し、仕事へ。

ここで、菊理の小部屋を投入。

菊理の小部屋とは:4匹で使っている蓋なしのトイレに被せていた段ボールをキャットルームに作り替え、中にお気に入りの猫ベットを入れたもの。
なので、4ニャンの匂いたっぷりです。

昼:Sさんが近隣地図を書き起こしてくれて、サークル内で検証。
捕獲器を置く場所を検討する。

夜:Sさん連日来てくれて、一緒に捜索をしてくれる。

先に捕獲器を設置してもらう。が音沙汰なし。

仕事が終わり、Sさんと合流。
エントランス付近にカリカリをすりつぶし匂いを充満させる。

猫の鳴き声を鳴らしながら捜索するが、音沙汰なし。
その日は姿を見ることができませんでした。

ここまで日が経つと不安が募ります。

猫はお腹がすくと動き出して、そこで他の猫に出会ってしまうと縄張り争いなどで、追い立てられ、遠くに行き返ってこられなくなる場合があるという情報を見ると不安になる。

実際遠方での目撃情報もあった。

が、菊理の性格をここで確認し直し、情報に絞りを掛けた。

「怖がり」「警戒心強い」「人が怖い」「喧嘩嫌い」「自分からは喧嘩はしにいかない」

「家でも一つの場所に慣れるまで1ヶ月は同じ場所から出てこなかった」

「知らない人がいたら絶対人前に出てこない」

不安で押しつぶされそうでしたが、「信じる」「諦めない」「絶対助ける」それだけを支えに、心を立たせていました。


毎日毎日、出会う猫とカラスに「菊理にあったら帰る様に伝えて」と頼み、
おまじないの和歌を詠み。
ファルちゃん(菊理の天国に行った息子)に頼み、
うちの同居猫達に「菊理に帰ってこーいってテレパシー送ろうね!!」とお願いし、
名前を呼び続けました。


◆『猫が迷子になった時2』-3に続く


FC2 Blog Ranking





里親さんより | 23:58:11 | コメント(0)
猫が迷子になった時2-1
少し前のことになります。
一昨年~昨年にご縁のあった猫さん・菊理ちゃんが、
里親さんのお家を脱走してしまったと連絡を頂きました。
(幸い無事捕獲され、怪我や感染もなく元気なのでご安心ください)
十分脱走防止策を施していても、一瞬の隙にするりと抜け出してしまうことがあります。
迷子になってしまった猫さんも飼い主も、生きた心地がしませんよね。

菊理ちゃんは元野良さんで、
まだ人馴れしているとは言い難い状態でしたので
家猫が脱走した時の探し方で捕獲できるのか、
とても不安だったと思います。
里親さんは、あらゆる可能性を試して下さり、
やっと見つけることができました。
その時の経験を纏めて頂きました。

もし今迷子になっている猫さんを探している方が、
此処に辿り着かれ、一つでも参考になることがあれば…
という思いで細かく綴って頂いております。
かなり長いですが、お時間のある方はお付き合い下さい。

*


菊理の脱走9日間。
(少しスピリチュアル的なことも交じってます)

脱走場所:マンションの3階(玄関横の部屋の窓から)
時間:不明
菊理の性格:臆病・警戒心強い・まだまだ人なれしていない(飼い主でさえ触れない状態)、首輪なし、鳴かない子


飼い主:仕事の転勤にて愛知住まいなので、一人暮らし、すぐに頼れる友人なし。


(1日目)
4/15(金)夜、仕事から帰ると縁と福の出迎えがあるものの、ノルンと菊理の姿が見当たらなかった。
部屋にいるのかと部屋にいくも、部屋の定位置にも菊理がおらず、まず一番付き合いの長いノルンが出迎えに来ないのがおかしかった。
慌てて部屋中を確認。
いつも隠れている場所、トイレ・風呂場。居ない。
そして、恐る恐る玄関の隣にある猫部屋の窓を見てみると、ガラス戸が開いていた。

<ノルンと菊理が脱走したのだと気付く>

縁と福がいなくならないように、リビングの扉を締め、急いで外に飛び出す。
心の中はパニックで、頭が真っ白。
泣きながらノルンと菊理の名前を呼びながらマンションの周りを捜索。
民家の隣を通ったところで、ノルンの声が聞こえ、もう一度名前を呼ぶ。
はっきりと返事をする声。
声のする方を見ると、ノルンが民家の駐車場で、「ここやで!!」と場所を教えてくれた。
ちゃんと近寄ってきてくれたノルンをしっかりと抱き、一度マンションへ。
部屋にもどり、ノルンを解放。

そしていついなくなったのかをひたすら検討する。

実は2日間家を空けており、帰った時は3日目の仕事終わりだった。
いついなくなったのか…ノルンが近場にいたことから出て行ってから時間は立っていないと考え、焦る頭でとりあえず菊理の元保護主様(Kさん)に連絡。

色々とアドバイスをもらい電話を切る。

<初動が大切>
まず、他のネコたちをリビングから出られないようにし、出て行った窓の外にトイレとご飯水を置く。

出て行った窓を開けっぱなしに。

縁をキャリーに入れて、近所を歩く。(縁の声につられて出てくるかもしれない為)

しかしその日はやはり隠れているのか音沙汰なく。部屋に戻り呆然としているところに、もう一方の菊理の保護主さん(Mさん)から連絡がある。
「何でもいいからSNSで情報を拡散してください」

とりあえず、フェイスブック・インスタグラムにて拡散。

フェイスブックのネコサークル「猫はお仲間?」に情報をUP

すぐさま、管理人さん含め、サークルメンバー様から脱走時のやることについてアドバイスを多数いただく。

匂いをたどって戻れるように、階段のところどころに使っていた猫砂を置かせてもらう。



16日(翌日2日目)
朝:起きて近所中を「菊理」の名前を呼びながら捜索。
マンション周りの室外機の下、垣根の中、近隣のガレージの中、マンションの中、
しかし泣き声ひとつ聞こえず。途方に暮れる。

部屋に戻り、動物保護センター(保健所)と警察に連絡。
そのあと後ろ髪をひかれる思いで、仕事へ。

※保健所には3日づつ連絡入れた方がいいです。
見落としがあると取り返しつきません。

昼間、仕事の時間の合間を縫ってポスティング用のチラシ作り。
次の日も仕事だというと、嬉しいことに「猫がお仲間?」の愛知メンバーさんが、
「明日ポスティング代わりにしてくるから、データーできたらすぐください!!」と言ってくださる。
さらに2人、計3人でポスティングを代わりにして下さるとのこと。

甘えるしかないので、できたチラシのデーターをすぐにメンバーさんに送り、ポスティングをお願いする。

※一人暮らしの場合、動ける時間帯・範囲に限りがあるので、もうここは菊理の事だけ考えて、素直に甘えることにする。
メンバーさん方も「他人事じゃないから!!何も考えずに、頼ってください!!」といってくれ、申し訳ない思いとともに頼らせていただきました。

一人暮らしで他に助けの手が無い場合は、信頼のおけるそういう協力者さんに素直に甘えて、助けてもらうのが良いです。
何より一人で探すことの心細さ・不安、それだけで押しつぶれてしまいます。
ここは素直に甘えてください。

夜:時間を分けてマンション周りを捜索するも見つからず。
仮眠を取りつつ、捜索するも、音沙汰なし。



17日(3日目)
朝:名前を呼びつつ、近所を探し回る。やはり音沙汰はなく、気が気じゃない中仕事へ。

昼:サークルメンバーの方が態々来てくださり、私の代わりにポスティングをして下さる。
(これはホントにありがたかった)
それと同時に菊理捜索・ご近所さんへの声掛けをしていただき、近場に餌やり場があることが発覚。

夜:Kさんに捕獲器をかりる。
マンションのオートロック側エントランス前で説明を聞いているところに菊理らしい猫影が道を歩いていく。
「菊理?」呼びかけると一度振り向いて、じっくり私を見てから走り去る。
Kさんと「似てたよね」と確認しあい、捕獲器を出て行ったと推測される柵の扉の所に捕獲器を設置。

捕獲器の周りを菊理の匂いのするタオル・私の匂いのする枕カバーで包む。「仕掛けの中身:から揚げ」

Kさんと別れ、部屋へ戻ると、すぐさま昼にポスティングをしてもらっていたピザーラさんから連絡が入る。
目撃情報①聞きに行くと、駐車場で見かけて、とこの脇道(人一人通れそうな小路)に入ってマンションの方へ向かっていったとのこと。

お礼を言い、そこら辺を捜索するも見つけられず。帰宅。

しかし目撃情報が出たことにより希望がわく。近くにいる!!

3時ぐらいにも起きて、捜索。しかし姿見付けられず。



18日(4日目、休日)
朝もマンション周辺を名前を呼び名がら捜索。
きっと聞いていることを信じ声を掛け続ける。

この日はサークルメンバーの一人が一緒にポスティング・捜索をして下さるとのことで、合流し、ポスティングと聞き込みを開始。

猫の餌やり場にも行って見る。
世話をしてる方に聞いてみるも、手掛かりなし。

猫がたくさんいたので、「菊理を見たら帰るように言ってね」と声を掛ける。
(たまにノラ猫さんがそうやって探し出してきてくれる事があるというのをネットで見て、何でもやってみる。

カラスにもお願いする。

※誰かに協力してもらうと、内気で私が話しかけに行けない相手にも声を掛けてくださり、とても助かりました。
あと、一人じゃないことがとても心強かった。

アドバイスで、捕獲器をマンション角の垣根の所に移動。

協力者さんと別れ、清掃局へ連絡。事故無し。

夕方に掛け、仮眠。

夜:仮眠を取りつつ時間を分け、菊理の名前を呼んで、さらに同居猫の声を録音し、マンション周りを捜索。



19日(5日目)
朝:近所を捜索した後、猫の餌やり場へと行って見る。
姿なし。あった猫とカラスに再び声を掛けお願いをする。
エントランスの所に置き餌を用意し、マンション周りを一回り。
カラスが置き餌を食べてるところを見て、「カラスかい!!」と落ち込む。
舐めてるのがわかるように置き餌に「ちゅーる」を追加。
そのまま仕事へ。

昼:新聞の折込に入れてもらうためのチラシ作り。

夜:(別の協力者さん=以後Sさんが態々岐阜から駆けつけてくれました)
20:00仕事終わりにマンションの方から連絡有。
「今、エントランスの所に似てる子がいます。餌食べてます」
との事、まだまだ帰れそうになかったので、
「すいません!!お手数掛けますが、そのまま距離置いて、見ててもらっていいですか?!今、隠れてる場所がわからなくて、居場所が特定できないんです!!お願いします!!」とお願いし、見ててもらうことに。

その間、Sさんとサークルに連絡。

マンションの方から再度連絡有。「逃げるところ、こそこそ追いかけたんだけど、黒くて見失っちゃった…」とのこと。
いったん電話を切り、サークルで相談。

そして、私よりも早くマンションにつけるSさんに、もう一度マンションの方に会って状況確認してもらうことをお願いする。
マンションの方にも連絡し了承をもらう。

マンションにもどり、タイミングよくマンションの方に合うことができたので、Sさんと一緒に、話を聞く。
話しに聞くには模様は似てたとのことでしたが、菊理っぽいが確証がつかめませんでした。

仕掛けた捕獲器異常なし。

一度部屋に戻り、今日はネットで、「家出した猫が帰ってくるおまじない」というのがあるのを見て、それを実行。

〈猫の帰ってくるおまじない〉

①いつも使っているご飯の器を綺麗に洗って裏返しておく。

②「立ち別れ 因幡の山の峰にほふる 待つとし聞かば 今帰りこむ」
という百人一首の和歌を使ったおまじない。
ネットで調べてもやったら帰ってきたという例が多かったため、試す。

(1)「たちわかれ いなばのやまのみねにほふる」
上の句を紙に書き、猫が脱走した場所に猫がいつも使っていた器を裏返して、その書いた紙の上に置いておく。
帰ってきたら下の句を書き足して、燃やす。
(2)句を全て書いて、書いた紙を家の東側の壁に貼っておく。
(3)「まつとしきかば いまかえりこむ」
下の句を書いて、玄関の人目に付かない場所に貼っておく。
(4)心の中でいなくなった猫を思い浮かべ、しっかりと目を合わせながら、1日3回上記の句を詠む。
※私はそれに「松や松(待つや待つ)」を付けたして読みました。
1日3回以上唱えてました。



『動物は第6感が優れているといいます。

この歌は在原行平が都をはなれ遠い地へ行く時に恋人へ贈った歌で「待っていると言われたら、すぐに戻ってこよう」という意味の歌です。
書くこと、唱える事で飼い主の想いが戻ってきて欲しい動物へ届くと思われています。
遠い昔、まだ言霊や霊的な事が大切にされていた時に詠まれた歌です。
言霊に乗って行平の霊が動物を探しに行くのかもしれません』



おまじないをやり終え、再び捕獲器を見ると、違う猫を捕獲。

逃して、捕獲器の中身を拭き洗い。
セットしなおす。

エントランスのところで餌を食べていたというので、もう一度設置場所をエントランスに変える。

Sさんが「私がHさんの声と同居猫ちゃんの声を流してるから、やることやってきていいよ!!」と言ってくださったので、家に入り、チラシのラストスパート。

※これってホントにありがたい。
捜索もしたいし、でもチラシも作らないと…となって一人だったら絶対パンクしてました。

お言葉に甘えて、捜索はSさんにお任せして、チラシ作り。
そして、「寝てもいいよ」というありがたいお言葉で、人任せになってしまうが、寝させていただきました。


◆『猫が迷子になった時2』-2に続く


FC2 Blog Ranking





里親さんより | 23:56:01 | コメント(0)
あずきちゃん
シェルター大部屋の卒業生、あずき(旧カオル)ちゃんが
5月7日、虹の橋を渡りました。

以下、里親さんからのご報告です。

*

膀胱炎の治療後に体調が急変し、肝臓の数値が悪く
重度の貧血で入院していましたが、回復せず息をひきとりました。
もっと早く気づいてあげることができていればと悔やんでます。
長生きさせられず申し訳ない気持ちでいっぱいです。
あずきのいない生活がこんなに早く来るとは思わずただただ苦しいです。
あずき&ドリアンがきてから、ちょうど2年が経ち
生活のペースも落ち着いてきた矢先の出来事で
受け入れることに時間がかかりそうです。
たった2年ですが私たち夫婦のなかで、
こんなに大きな存在だったということに今さら気づきました。

ドリアン&モナカがいるので泣いてばかりいられませんが、
笑ってあずきのことが話せるときがくれば良いなと思っています。

4あずき1
先月のおこもり

4あずき2
主人の胸にのってまったり甘えん坊

4あずき3
去年とったあずの手(手がとても好き)
猫パンチや遊びで手を出すときは基本、左利き(^^)

4あずき4
男2匹を後方から眺める

4あずき5
私達夫婦の中で一番あずきらしい顔(*^^*)

*

キャプションも里親さんです(^^)

5枚目の写真、本当にあずきちゃんらしい表情ですね。

PCに保存してある古い写真フォルダを探してみたら、
2階のケージでうずくまっているカオルちゃんの写真を見つけました。
痩せて毛並みも悪く、フケだらけでした。
やがて体調を崩し、大部屋から1階へ降ろされ
個別のケージで体調管理となりました。
猫嫌いなカオルちゃんでしたが、回復とともに
1階ではケージから出てお散歩するようになり、
他の猫とも上手く距離を保って暮らすようになっていきました。

そして、ドリアンの里親候補の方より、
一緒にトライアルを、と仰っていただきました。
カオルちゃんは多分、一番の古株。
里親さん探しは難航かと思っていましたので、
本当に嬉しかったのを憶えています。

あずきちゃんと言う新しい名前をつけて貰って、
大切に可愛がって頂きました。
お家の猫として暮らしたのは僅か2年でしたが、
あずきちゃんの猫生の中で一番幸せな時間だったのは
間違いありません。
本当にありがとうございました。

あずきちゃん、虹の橋のたもとでまた会いましょう。
それまで空の上から見守っていてね(^^)



FC2 Blog Ranking



里親さんより | 01:16:45 | コメント(0)
柚に会ってきました♪
GWも後半戦に突入しました。
ゆっくり心身を休めていらっしゃいますか?
連休など関係なくお仕事の方も多いと思います。
遠くへお出かけの方は、お家に帰るまでが遠足。
どうぞお気をつけて。

最近あちこちで子猫保護の記事を見かけます。
助かった命は、よいご縁がありますように。
不幸な猫さんを増やさないよう、TNR活動や
地域猫のお世話をされている方は連休も関係なしですね。
毎日お疲れ様です。

さて、今日はタイトルの通り、柚に会って来た時のご報告です。
と言っても、時は3月。まだ桜の蕾も固かった頃のこと…
毎度ご報告が遅れて申し訳ありませんm(_ _)m


柚さん、こんにちは~♪

4ゆず
は?どちらさま?

…うん、憶えてないよねー(^^;


4ゆず2
怪しい奴だわ。
匂いを嗅いでやる。

…おお~、ゆずが!ゆずがぁ!!(内心狂喜乱舞)

あまりに挙動不審だったのでしょう、
柚さん、隣の部屋に去ってしまいました(T_T)



そこで他の猫さんにもご挨拶♪

4ゆずf
陽依さん

4ゆずf3
奏太君

4ゆずf2
桃香さん

4ゆずf4
優真君

4ゆずf5
紅葉さん

4ゆずf6
杏里君

4ゆずf8
椎那君

4ゆずf9
咲耶さん

4ゆずf10
玉緒さん

定家君、澄花さんはケージの後ろに隠れたまま気配を消し、
透流さんは残念ながらお目にかかれませんでした。
いきなりお邪魔してごめんね(^^;
フレンドリーな子が多く、たくさん遊んで頂きました(^^)v
それぞれ個性的な猫さんばかりで楽しかったです♪


4ゆず3
まだいたの~?
シツコイなぁ

…ごめんね(^^;


4ゆず4
しょーがないから撫でてもいいわよ

...(ToT)!
シェルターに居た時は触らせて貰えなかったので
初めて撫で撫でさせていただきました!
柚パーンチ☆を喰らっていた日が懐かしくもあり、
こんなに穏やかな表情で安心しきっている姿を見て
改めて、素敵な里親さんに巡り会えたことに感謝でした。
楽しい時間をありがとうございました。


↓柚の里親さんのブログはこちら↓
『大きな猫と長毛猫と、そして三毛猫と・・・』




FC2 Blog Ranking



日記 | 20:12:58 | コメント(0)

FC2Ad