■プロフィール

hananokineko

Author:hananokineko
主に花の木シェルター卒業猫さんの様子をお伝えしています。
・迷子犬探しています・

はむこと申します。
よろしくお願いします。

■ e-mail ■
hananokineko★excite.co.jp 
★は@に変えて下さい
m(_ _)m

*

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ランキング
■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■ welcome

ファルちゃんのこと
昨年8月1日、TNR目的で捕獲されたサビ猫さんが
シェルターに来ましたが、すぐに病院に連れて行かれず、
8月4日、捕獲器の中で子猫を4匹出産しました。
TNRを依頼された方と話し合いの結果、
サビママに子育てをして貰うことになり、
2階の個室にて、親子5匹の生活が始まりました。

9月初旬ぐらいまでは、順調に育っている様子でしたが、
その後、子猫4匹とも体調が下降し始めました。
明らかに様子が変なので、病院へ連れて行くよう
ボラさんが何度も進言しましたが、聞き入れられず、
子猫はどんどん衰弱していきました。

9月30日、瀕死の子猫2匹をようやく病院へ搬送。
2匹とも入院となりましたが、翌日キジ猫は死亡。
残る白猫(ファルちゃん)は、24時間点滴と強制給餌、
検査等で2週間入院しました。

また、10月2日、残り茶トラ2匹を別の病院へ搬送。
2匹とも入院し、翌々日1匹死亡。
1匹(ちゃびちゃん)は退院し、預かりさん宅へ。



ファルちゃんは回復して退院したわけではありません。
24時間点滴は外れましたが、自力で食べることはできず、
ほぼ寝たきりでした。
そんな状態の子をシェルター(夜間:19時~翌11時不在)
に戻すわけにいかず、
ボラさんがご自宅で介護して下さることになりました。

その後のことは『チャシロとミケの部屋』で報告されていますので、ご参照下さい。



FIPの原因は、コロナウィルスの突然変異ですが、
ウイルス自体は多くの猫が持っているものだそうです。
猫の体内にあるコロナウィルスが、突然変異して
FIPウィルスになります。
現在のところ、発症したら治療法はないそうです。
突然変異のきっかけは、ストレスが大きく関与すると
言われています。
多頭飼いや避妊去勢手術がきっかけになることが多いそうですが
ファルちゃんの場合これらに当てはまらないのは明白です。

子猫達は元々コロナウイルスを持っていたのでしょうが、
入院してすぐ亡くなった2匹に関して、獣医さんのご意見は、
「病気というよりは余りにも衰弱が酷いことによる衰弱死」
とのことでした。
ファルちゃんのFIP発症も、はっきりと特定はできませんが
「衰弱期間が長かったことが一番の原因だと思う」と
獣医さんは仰っていました。


母猫の母乳は、1ヶ月ぐらいまでは順調に出ていたけれど
何らかの理由で足りなくなったのだと推察します。
母猫は、出産当初はad缶を沢山食べていましたが、
仔猫が不調になった頃には普通の餌になっていたようです。
ウェットや高栄養パウダー、ミルク等も差し入れていましたが、
十分ではなかったようです。
入院時の子猫の体重は、300g台だったと記憶しています。
(月齢2ヶ月の子の平均体重は500~700g)
子猫なのに頬がこけ、背骨も肋骨もゴツゴツでした。


TNR目的で捕獲されたママから生まれた4兄弟。
本当なら生まれてこなかった子でした。
幸運にもこの世に生を得て、ママのお乳を飲んでいたのに
何故命を落とさねばならなかったのか…

子猫は弱いものです。
もっと早く病院に連れて行っていれば、
4匹とも元気に育ったかもしれないし、
ファルちゃんの発症も防げたかもしれません。
サビちゃんのTNRを依頼された方にも、
多大なるご迷惑とご心配をお掛けしました。
二度とこんなことが起きないよう、心より願います。



4兄弟のうち、残った茶トラのちゃびちゃんも、
生後1年位までは注意が必要と言われているので、
里親募集はせず、今の預かりさんの家の子になりました。

なお、当初よりファルちゃん、ちゃびちゃんのお家は
「預かりさん」と表記していましたが、
退院後の医療費を始め、フードや砂、サプリ他の諸費用は
全てご負担頂いておりました。
改めて「飼い主さん」とご紹介させていただきます。

残ったちゃびちゃんは、兄弟の分まで長生きして、
幸せに暮らして欲しいと願っています。
なお、母猫は避妊手術後、里親さん募集をする予定です。


お世話になった獣医さん、看護師さん
ファルちゃんを全力でお世話して下さったパチャさん、
ファルちゃんを応援して下さった全ての皆さまに、
心よりお礼申し上げます。

まとまりのない長い報告をお読み頂き、ありがとうございました。
※2/18、一部加筆修正致しました。

★ランキング参加中★
FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト


ご報告・お知らせ | 22:00:26 | コメント(3)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-02-18 水 09:51:57 | | [編集]
他に病気の子でまろんちゃんと玉ちゃんとブルーちゃんっていましたが里親さんはみつかりましたですか?
2015-02-18 水 16:33:09 | URL | [編集]
2/18お名前なしコメントの方
こんばんは。
たまちゃんは、昨年5月に里親さんのお申し出を頂き、
(当ブログ『5月26日(月)』14.05.28updateでご報告)
今年1月、久しぶりに逢いに行ってきましたが、
(当ブログ『たまちゃん』15.01.19updateをご参照ください)
里親さんの愛情溢れるお世話のお陰で、
思ったより元気で、とても幸せそうでした。

マロンとブルーは、引き続き、預かりさんのお家で
お世話になっております。
今のところ、里親さん募集は難しいようです。

病気療養中の子たちのことを気に掛けていただき、
ありがとうございます。

2015-02-18 水 22:50:52 | URL | 花サポ日記管理人はむこ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad