■プロフィール

hananokineko

Author:hananokineko
主に花の木シェルター卒業猫さんの様子をお伝えしています。
・迷子犬探しています・

はむこと申します。
よろしくお願いします。

■ e-mail ■
hananokineko★excite.co.jp 
★は@に変えて下さい
m(_ _)m

*

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ランキング
■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■ welcome

アイ&ハクの一時預かりさんより
メールを頂きました。
アイとハクのことを気にして頂いている方も多いので、
転載をお許しいただきました。
お忙しい中、丁寧なご報告をありがとうございます。

*   *   *

アイちゃんとハクちゃんのご報告。

急遽お預かりする事になった2匹ですが、さすがに全盲の子はこちらでも経験がなく、
観察と世話でご報告が遅くなってしまいました。

アイちゃんは一言「可愛い!」
本当に見えてないのか不思議に思う程良く動き回り、子猫らしく元気に遊びます。
そちらで検査も終了されておりましたので、様子を見ながらフリーにしておりましたが、
2日目には全ての部屋を確認し終え、最初は壁伝いに進んでいたのが、
堂々と真ん中をてけてけと歩いて行き、驚きました。
見ていると物音に驚いて逃げるときも、自分できちんと逃げ道が分かっている様です。
ゆっくりと声を掛けながら手を近づけて行くと、反応して匂いを嗅ぎじゃれつきまわります。
わたしの腕を中心にぐるぐると転げ回り、甘噛みに猫キックで無邪気そのもの。
ご飯も最初はわかるかな?と不安に思いましたが、他の子に与えている匂いで既に寄って来ます。
嗅覚も鋭いのでしょうか?お水も最初は鼻先まで持って行っていたのですが、
昨日遊んでいる様子を見ていたら途中でちゃんと自分でお水の容器に気付いて飲んでいました。
トイレもこちらで使いやすい様にとフードをはずして近くに置いていたのに、
これも遊びの途中で他のトイレ(フード付)に気づき、自分でしていました。
さすがに走り回ってジャンプして、はしませんが、健康状態も問題ない様に見受けられますし、
手のかからない子で、当初の不安は大分解消されました。
日々を共に過ごす事でいずれ不安は無くなって行くかと思います。
ただ怖くなると狭いところに逃げ込み篭城しますので、それが寒い所だと長時間にならないよう注意が必要です。
それに困って最初は就寝中だけはケージに入れようかとも考えたのですが、
せっかく開放されたのだから、と逆に寒い所(玄関や人間のトイレ、棚下等)の方を入れない様に閉め、
後は好きな様にしてもらっています。
そちらで外部から中の様子が見えない部屋にいきなり入れられる所だったと伺いましたが、
せめて最初は人の目の届く所である程度は行動を観察してから徐々に、でないと、
何かあった際にフォローが出来ないので怖いです。

ハクちゃんは「大物」
連れて来て頂いたその夜から、先住猫のベッドを転々とし、撫でるとすぐにお腹を見せてくれます。
あまりに慣れているので、新入りさんですよね・・?と本人に確認したくなる程です。
「去勢手術は終了しておりますが、まだ若干スプレー癖が残っているかも」という注意は受けておりましたが、
確かにうちでも数カ所しました。
説明頂いておりましたので大きな被害はありませんでした。ありがとうございます。
最初の日に部屋を確認徘徊中、何の前触れもなく突然バタッと倒れたので何かの発作かと慌てましたが、その後「お腹撫でて」と転げてました。
こんな行動は初めて見たのでなんか・・・目が点になってしまいました(笑)
食欲は問題無しですが、ちょっと便が柔らかい様ですので近々いつも行っている動物病院に連れて行ってみようと思っています。
(凄く元気で、あちらの部屋から飛び出して来てこちらの部屋の端まで全力疾走!を日に何度もやっているほどなので、体力的には問題ない様に見えますが、念のため。これはケージから開放された喜びの行動かもしれませんね)

とにかく突然のことで、こちらも大した受け入れ準備も出来ずにスタートしてしまいましたが、
こちらの不安をモノともしない様な2匹。
可愛がられていたのがすぐわかる人なつこいかわいい子です。


*   *   *

ただ、ただ、感謝です。
先住さんがいて、猫の飼育には慣れていらっしゃる方だとお聞きしていましたが、
全盲の子を受け入れる決断をしていただくには相当の不安もお有りだったと拝察します。
アイもハクも、シェルターに居た時には見られなかった発見がたくさん!
アイが、『堂々と真ん中をてけてけと』歩く姿を思い浮かべ、
思わずほろりとしてしまいました。
温かいご家族に迎えられ、幸せに家猫修業している様子が手に取るようにわかります。
お忙しい中、ご丁寧かつ楽しいご報告、本当にありがとうございます。
引き続きよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト


ご報告・お知らせ | 11:37:56 | コメント(2)
コメント
ありがとうございます
アイちゃんの『てけてけ』
もうそれだけで、私は涙腺が…
優しい皆さんのおかげです
本当に感謝します
2013-12-13 金 12:13:45 | URL | 弥勒 [編集]
もらい泣きうれし泣き。
私事ですが、我が家には16歳になるアビシニアンと、3歳になる白黒ハチワレの「愛ちゃん」がいます。
なので、アイちゃんには勝手に感情移入していました。
感情移入していても、立候補もできない、もし立候補できる環境でも全盲の子って不在の多い私には不安だらけだろうな。。。などと日々勝手に悶々としていました。

自由にてけてけ・・・(泣)

アイちゃんを守るように寄り添っていたハクちゃん
アイちゃんの事故防止を考えて1段ケージだったのが

1日に何度も全力疾走・・・(泣)

優しい気持ちの観察と、その優しさを公開してくれて本当に有難うございます!
2013-12-13 金 20:49:56 | URL | 【ir】 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad