■プロフィール

hananokineko

Author:hananokineko
主に花の木シェルター卒業猫さんの様子をお伝えしています。
・迷子犬探しています・

はむこと申します。
よろしくお願いします。

■ e-mail ■
hananokineko★excite.co.jp 
★は@に変えて下さい
m(_ _)m

*

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ランキング
■検索フォーム

■リンク
■QRコード

QR

■RSSリンクの表示
■ welcome

ジョーのこと(追記あり)
※ 9/22
・口内炎に関して、一部加筆修正しました。
・トライアルに関して、追記しました。

ブログ『天使というよりむしろ猫』の管理人Mさんより
「花の木シェルターから譲渡されたジョーが
猫エイズに感染していることが判った」と、
連絡を頂きました。
里親さんからのご報告やその後の対応等は、
Mさんのブログにリンクを貼らせて頂きますので
そちらをご覧いただきたいと思います。

関連記事1
関連記事2

昨日、コメント欄でもお尋ね頂きましたが、
ジョーがシェルターに来た日~卒業までの経緯を
以下の通り纏めました。

*

ジョーは、2013年12月4日、市内の活動家I氏が
TNR目的で捕獲し、S病院にて去勢手術。
手術後シェルターで一泊し、翌日リリース予定でした。

・手術時のチェックシート(手書き)のウイルス検査項目には
 FIV/FeLVとも陰性に○あり(証明書は無し)
・しかし同日の、I氏の収支報告には手術代以外は計上されておらず
 また備考欄にも手術のみの記載(ウィルス検査は別料金)

12/5、人懐こい性格だったため、里親募集に切り替え2階のケージへ。
その後、日付は失念してしまいましたが、いつの間にか大部屋に入れられていました。
 ・参考記事(当ブログ13.12.12)

2013年12月12日~2014年10月11日(トライアルスタート)の間、
ジョーと同時期に大部屋にいた猫は、確認できるだけで18頭。
当時、大部屋の子に関しては、医療や検査関係の書類がほとんどありませんでした。
多くの子が未検査で大部屋に入れられ、そのまま譲渡されていたのだと思います。
譲渡後、証明書がないので心配された里親さんが、ご自身で検査されたケースも何件もありました。

では、ジョーは、いつエイズウィルスに感染したのか?
去勢手術時のチェックシートには、陰性と記されていましたが、
証明書は無く、検査料を支払った形跡が無いので信憑性が薄い。
また、潜伏期間も考慮すれば、たとえ検査で陰性だったとしても、
保護から数日で大部屋に合流させることは無謀だったと考えます。
この時すでに感染していた可能性はあります。

当時管理人は「大部屋の子は全頭検査済」と言っていたので、
私達はその言葉を疑わず、お世話をしていました。
その中にエイズ陽性の子が居たかどうか判りません。

またジョーは今の里親さんに譲渡される前、3回トライアルに行きましたが、
2回目(先住さんは陰性)、3回目(先住さんとは別室)の時は
感染の可能性はありませんでした。
初めてのトライアル時は先住さんが何頭か居ましたが、
現在、状況確認はできていません。
全頭ウィルス検査済み、陰性であることが確認できました(9/22)


同時期に居たと思われる18頭のうち、現在も大部屋に残っているのは6頭。
正式譲渡された12頭(うち1頭死亡)のうち、
譲渡後の検査で陰性確認済:7頭
未検査(書類確認出来ず)で譲渡:5頭

未検査と思われる5頭と、現在大部屋に居る全頭のウィルス検査は急務です。
関係者には何度も進言してきましたが、スルーされています。

なお、コメントのご質問にありました、
「大部屋にいた時から猫エイズ発症の代表的な症状である「口内炎」 があった」
につきましては、
私はそのような症状は記憶になかったので、
他のボラさんにも確認しました。
・歯茎がちょっと赤いかな?という時がありましたが
 口内炎が酷いとは思わなかったし、
 ヨダレを垂らすようなことはありませんでした。
・常時排便の様子を見ていた訳ではないが、
 血便だったことはなく、下痢も殆どなかった。
・一時期、毛が抜けたり痩せてしまったことがあったが、
 ストレスによる一過性のものだった。

多くの猫のお世話をしていましたので、
見落としていた部分もあるかと思いますが、
複数のボラさんに確認しましたが概ね同じ意見でした。

たとえ症状が出ていなかったにせよ、感染源が不明なこと、
新たに感染している子がいるかもしれないことを考えれば、
ジョーの罹患が判った時点ですぐに全頭検査をするのが当たり前だと思います。

2013年12月12日~現在までに、大部屋の猫を引き取られた里親様、
正式譲渡の際にお渡ししている検査結果・書類等をご確認下さい。
もしお手元に届いていない場合は、至急下記までお問い合せ下さい。

■問い合わせ先
『花の木シェルター』(電話・メールどちらでも)
『花の木ねこサポ日記』(hananokineko@excite.co.jp)

異変に気付き、治療を施し、検査して下さった里親さん
大切にジョーをお世話下さり、本当にありがとうございます。
シェルターが誠意ある対応をするよう、
これからも関係者に働きかけて参ります。
どうぞよろしくお願い致します。


※夕方以降、FC2にアクセス出来ず、
 更新が遅れたことをお詫び申し上げます。

※追記
シェルターのブログにジョーの事が書かれた記事がありました。
参考記事(シェルターブログ『二階の猫』)




★ランキング参加中★
FC2 Blog Ranking

お手数をおかけしますが、応援頂ければ嬉しいです。
スポンサーサイト


ご報告・お知らせ | 02:08:10 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad